やっぱりダイエットをしよう…

温かかったり寒かったり、この時期は本当に着るものに困ります。
先日、ちょっと外に散歩に行こうかとワンピースを着たのはいいものの、このまま出かけるのは寒い、かといって冬物のコートではもう暑い、
さて、どうしようとクローゼットの中をしばし眺めてしまいました。

デニムやコットンのジャケットはあるものの、少々太ってしまったため、羽織ってみると腕がパンパン。
これではちょっとみっともないです。

若い子がよくやるように、ダウンベストなんか重ねてみると可愛いかも…、
と、昔のダウンベストを引っ張り出して着てみたら、いかにも借り物というカンジで、全く似合いません。

そうして悩んでいるうちに、時間はどんどん過ぎていきます。

これくらいなら…、と見つけたのはニットのロングカーディガン。
秋に着るようにかったものなので、色目はダークですが、ウールのコートよりは軽快に見えるはずです。

昨年の今頃には、デニムやコットンのジャケットを着ていたのかもしれません。
太るということは、オシャレの妨げにもなるのだと、改めて思い知りました。

趣味はスポーツクラブ通い

私の趣味はスポーツクラブ通いでした。
(でした、というのは、今ちょっとこんな状況でいけてないから・・・)

運動大嫌いな学生時代だったのに、今では身体を動かす気持ちよさにハマってますよ。
人間はこんな風に変われる生き物なんです。

スポーツクラブで初めてスタジオレッスンに参加したのはヨガに興味があったから。
ヨガだったら運動嫌いな私でもできそうだなって思ったんです。
ヨガもできないなら他の運動も無理だから早めに見切りをつけようなんて思ってたのですが・・・。

初めてやったヨガがあまりにも気持ちがよくてヨガが大好きに。
こんなにリフレッシュできる運動があったんだ~!と目から鱗状態。
運動というと息が苦しくなって汗でべとべとになって脚が痛くなって・・・なんてイメージがすぐに消えていきましたよ~。

ヨガのポーズをいくつか覚えて自宅でポーズの練習をするようになってもっとヨガを知りたくなりました。
そういう気持ちになって他の運動もできるようになった私。
今ではダンスもエアロビクスも何でもござれ!です。

誰でも参加できるランチ会

今はこんな状況なので開催されてませんが、コワーキングスペースで毎月開催されていた昼食会。
「誰でも参加できる」というのが売りのランチ会です。

去年からずっと気になっていて、春前ぐらいにやっと参加できました。
別にお題があるわけではなく、集まって一緒にご飯を食べながら雑談をするんです。
ご飯は自分の好きな物を持参すればおっけー。
私は近所でパンを買って参加しました!他の方も近くでお弁当を買ってきていました。

今日は私含めて8名が参加。仕事も趣味も年代も性別も異なる人との集まりです。
こういう場所に出てこないと出会わないだろう方ばかり。

皆さんが話している内容を聞いているだけでも楽しいです!
一人で家でお昼を食べるくらいなら、ここまででてきて人とお話したほうがよい!

会場となっているコワーキングスペースも興味深い場所でした。2時間500円、1日1000円で利用できます。
Wi-Fi環境も整っているし、電源もあるし、飲食できるし、フリードリンク制。
もし今後パソコン仕事とかすることがあれば、ぜひ利用したい場所ですね。

早くコロナが落ち着いたらまた開催されると思うので、日程があえばいってみようと思います。

ヌバック&スエード使い

今期のファッションはヴィンテージテイストがきていると勝手に思っている私。
ヴィンテージっていうのは、もともとはワイン用語で、ファッションでは古着、それも洗練された上質の古着などを合わせたテイストを指す、らしい。

古着といっても、ただ古くてズタボロのヒッピーではないということですよね。

私なりにこのヴィンテージテイストを手っ取り早く取り入れるポイントは、靴やバッグなどにヌバック(スエード)のアイテムを取り入れること。例えば、ヌバックのシンプルなパンプス。形はポインテッドトゥなどのシンプルなものの方が使いやすいかな。

色味は、ベージュ、グレー、カーキなどのニュアンスカラー。その中でもベージュは日本人の肌の色になじむし、肌そのものを美しく見せてくれるカラー。もちろん、ネットなどではなく実際にお店でチェック。買う時にはなるべく試着して、実際に自分の脚がきれいに見えるかどうかを確認する。ここが一番重要かもしれないですね。

足元が変わると、それに合わせるアイテムもグッと映える。このシューズに花柄のワンピースなんかを合わせると、一気にヴィンテージテイストが溢れ出す。

イメージは海外の女優さん。私が着るとそんなモデルさんみたいにはならないけど、自分なりにこんなファッション楽しみたい!

Recent Posts

Tags

さくじょ